SCF -学生キリスト教友愛会-

東京:中野にある、日本キリスト教団による「全ての若者のため」のコミュニティセンター!
SCF 学生キリスト教友愛会
お知らせ:
RSS表示パーツ
<< ★SCFってナニ?? | main | ◆「今」に無関心でいたくない… 〜IN Society〜◆ >>
◆被災地を、エマオを支えよう!震災フィールドワーク随時募集中。◆
荒浜小廊下2.jpg
↑ワーク地域の荒浜小学校廊下風景

SCFでは、仙台の姉妹センターや被災者支援センターエマオ、西東京教区・教団などとの連携で、随時震災フィールドワーカーを募集しています。
随時ということは、「いつでもいい」ということです。そして特筆すべきは、宿泊費用などがほとんどかからず、往復の高速バスと一日1000円ほどを工面すればいいのです。
少し変な言い方になりますが、費用の事などを気にせず、津波被害の痛みの地域・人々に、自分の時間に合わせて出会うことができるのです。期間や日程は自分の都合で、あの「震災の出来事」に関わり、多くを感じることができるのです。
現在は、力仕事などのワークはありません。フィールドワークが中心の出会いと学びの時です。今まで少し躊躇していた人、2度・3度目の人、ぜひ一歩を踏み出してください。
6年を迎えようとしている今、「風化」という言葉が寂しく響きます。またボランティアの人数が減る中で孤独が募ります。そんな今だからこそ、ぜひ関わってほしいと願っています。
荒浜祈り2.jpg
↑毎月11日14:46にはワークを止めて祈りを奉げます


◆震災ボランティア詳細

・受け入れ先:日本キリスト教団 東北教区被災者支援センター エマオ

・所在地:仙台市青葉区(仙台駅より徒歩15分)

・フィールドワーク先:主に仙台市若林区荒浜地区、石巻市

・宿泊場所:支援センター近隣教会(男女別)

・費用:往復交通費・宿泊費(1泊2食付300円)・および銭湯代など(1日1000円ほど)

・持ち物:ほとんどありません。

・質問・受付など:SCF野田まで。
i@scf.me にメールか、03-5377-1503へ電話ください。



自転車で2.jpg
↑最初のワーク地であった荒浜地区には、かつて自転車で行っていました。

今この時、一人でも友だちとでも、ぜひチャレンジしてください。
ずっと先、もしかしたら年老いた時に、自分はこの出来事に関われてよかったと思う日がくるかもしれません。
相談・協力、どんなことでも連絡ください。
SCF:野田 沢
i@scf.me
| カテゴリー:ボランティア! |
◆被災地を、エマオを支えよう!震災フィールドワーク随時募集中。◆ | SCF -学生キリスト教友愛会-
メニュー
SCFって何? SCFへの行き方 SCFカレンダー・スケジュール SCFスライドショー 夕食会って? Enjoy Bilbe ワークキャンプ 何でもデキルSCF! Email&お電話ください!
最新の記事
カテゴリー
ケータイでも読めるよ
scf.me モバイルサイトQRコード
RSSもどうぞ
RSS Feed